市原市周辺で選ぶ安心の外壁塗装業者ガイド » 業者を選ぶ前に知っておきたい!外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装でもっとも大事な「下地処理」

外壁塗装でもっとも大事な「下地処理」

このページでは、外壁塗装の際に行なう下地処理について、重要性や手順を掲載しています。

外壁塗装の仕上がりを左右する下地処理

下地処理は外壁塗装の主役となる塗料を塗る中塗り・上塗りの前に行う重要な工程です。壁面の洗浄後、破損や劣化した箇所の補修し、塗料の密着力を高める下塗り塗料を塗装します。

この下地処理を怠ると、中塗り・上塗りの塗料が剥がれやすくなったり、色褪せしやすくなるなど、外壁塗装の寿命に悪影響を及ぼします。

では、実際の塗装工事の下地処理について順を追って見ていきましょう。

下地処理(1)壁面の洗浄

水を勢いよく噴射して汚れを落とす高圧洗浄で、壁面についている汚れ・カビ・苔などを除去します。壁面の汚れをキレイにすることで、下塗り塗料の密着強度が高まります。これは中塗り・上塗りで使用する塗装の密着強度を高めることにつながるので、欠かすことのできない作業です。

下地処理(2)ひび割れの補修やシーリング材の打ち替え

外壁を高圧洗浄したら、ひび割れなど破損箇所の修復や劣化したシーリング材などの交換(打ち替え)を行います。

ひび割れの補修

外壁に生じたひび割れの補修にはスムースエポなどの樹脂を使用します。粘度の高い液状の樹脂ですが、時間経過で硬化します。小規模なひび割れであれば、割れ目に注入、大規模なひび割れや壁材の欠損は周りの外壁材をいったん取り除き、内部にエポを注入して補修します。適切な補修を行なうことで、塗装後の壁が長持ちします。

シーリング材の打ち替え

シーリング材はサイディングなどの外壁材のつなぎ目に使われていますが、紫外線や経年の影響で徐々に劣化します。シーリング材が劣化すると、雨漏りの原因になるほか、壁面の緩衝材としての作用も低下するので、外壁にかかる衝撃を吸収できず、壁そのものの劣化につながります。劣化が確認できる場合は、塗装前に打ち替える必要があります。

下地処理(3)塗装の密着力をアップする下塗り工程

ひび割れの補修やシーリング材の打ち替えが終わったら、下塗りに入ります。下地の劣化具合により、1回から3回ほど塗って下塗りは完了です。下塗りを丁寧に施すことで、中塗り・上塗りで使用する塗料の密着力が上がり、塗装が剥がれにくくなります。

下塗り塗料の種類

下地処理の重要性と塗装業者選び

上記で解説したように下地処理は外壁塗装の工程で土台となる大事な作業です。塗装業者を選ぶ際は、建物の状態を正確に診断し、最適な下地処理を丁寧に行ってくれる業者を見つけることが重要です。

塗装業者によっては詳細な調査を行った上で提案書を作成してくれたり、外壁専門の診断士が建物の外壁を詳しく調査してくれるので、こういった部分の対応が手厚い業者であれば、安心して塗装工事が依頼できるのではないでしょうか。不安であれば、出された提案について質問してみてください。信頼と実績のある業者なら、納得する答えを返してくれるはずです。

市原市で安心の塗装業者3選はこちら

市原市周辺の
おすすめ塗装業者3選

日成建装
日成建装

引用元HP:日成建装
http://nisseikensou.co.jp/

エコペイント
エコペイント

引用元HP:エコペイント
http://ecopaintservice.jp/

ハウスメイク
ハウスメイク

引用元HP:ハウスメイク
http://www.house-make-tosou.jp/

市原市でおすすめの
塗装業者3選はこちら